(膝痛対策膝痛治療)膝の痛みを我慢してません、痛む膝を!

変形性膝関節症

どんな膝の痛みでお悩みすか?

変形性膝関節症

変形性膝関節症は症状が進行するにしたがって膝の骨や関節が変形してきます。変形性膝関節症は膝関節に過大な負担が繰り返しかかるために関節が変形したものです。

軟骨変形し衝撃吸収力の低下する

関節軟骨が摺り減り始める。 関節に外力がかかると、関節軟骨内のコラーゲン線維の骨組みが徐々に壊されていきます。

膝の変形やO脚など

慢性的に水がたまっているときも、関節の変形は目立ちます。

関節軟骨が完全に擦り減ってしまう。

場合によっては、関節のすき間がまったくなくなり、大腿骨と脛骨がくっついてしまいそうに見えることもあります。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)は、筋力低下、加齢、肥満などの原因により膝関節に必要以上の負担がかかり、膝関節のクッションの役目を果たす軟骨 がすり減り、変形する疾患。

患者数は日本国内で1千万人以上というありふれた疾患であり、年だからとあきらめたり、我慢しているケースが多いのも、この病気の特徴だが、行動が制限されがちになるため、適切なケアが望まれる。

通常、膝関節の表面は軟骨で覆われており、軟骨が外的衝撃を和らげ、関節の動きを滑らかにする働きをしている。 また、ヒアルロン酸を含む関節液が潤滑油と軟骨の栄養補給の役割を果たしている。この関節軟骨の磨耗が進行することによって、関節炎が起こり、関節水腫などを引き起こす。これは関節に水がたまることで、関節内のヒアルロン酸は逆に減少する。

症状は人によって差異が見られるが、一般的には初期段階で、階段の昇降時や歩き始めに痛んだり、正座やしゃがむ姿勢がつらくなる。病気の進行ととも、起床時の膝のこわばりや、関節が炎症を起こす、水がたまるなどの症状が出やすくなる。さらに進行すると、膝の骨と骨がこすれて激しく痛み、歩行が困難になることもある。

加齢とともに発症しやすく、中高年の女性に多くみられるのは、女性ホルモンの減少が影響していることと関連している。40歳以上の男女の6割が罹患しているというデータもある。また、どの年代でも女性が男性に比べて1.5〜2倍多くなっている。O脚の関連も指摘されている。

a:5262 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional